美的生活してみる?「ダイエット編」

かっこよく美的に生きてみたい!そんな管理人の気になるモノをチョイス!

美的に生きるってかっこいい!

HOME > 美的生活してみる?「ダイエット編」

ダイエットにデットクスは必要か?私の見解はこう思う

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、人間の体の中に蓄積してしまっているあらゆる毒を排除するという健康法の一種で治療ではなく、代替医療に類別される。「取り除く」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く言い表した言葉です。

整形外科とは異なって美容外科が健康体に外科的処置を付け加えるという美を追求する行為であることを鑑みても、リスク管理や安全性の確立があまりにも疎かにされていたことが大きな原因だと言われている。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、肌の弛みはじわじわと酷くなります。にこっと口角を持ち上げて笑顔でいれば、たるみの予防にもなるし、何より佇まいが良くなると思います。

よく目立つ目の下の弛みの改善策で最も有用なのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面にある筋肉は意識していないのに強張ってしまったり、その時の気持ちに関連していることがあります。

メイクの悪いところ:泣いてしまうとまさに阿修羅のような怖い形相になる。ちょっと多くなってもケバくなって地雷を踏んでしまう。ごまかすのにも骨が折れる。

肌のターンオーバーが乱れがちになると、ありとあらゆる肌のエイジング現象やトラブルが起こります。目元などのシワ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・吹き出物・乾燥など、書きだしてみればキリがないほど大変なことになります。

メイクのデメリット:崩れないようにお化粧直しをする必要にせまられる。素顔の時の落胆。コスメの出費が案外痛い。すっぴんだと誰にも会えない一種の強迫観念にとらわれる。

美容外科(Plastic Surgery)が健康体に外科的施術をする美のための行為であるのに、結局は安全性の確立が疎かだったことが一つの大きな元凶なのだ。

美白化粧で思うこと

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸(hyaluronic acid)を配合して作られた美肌水は肌に優しく、ドライ肌の方にぴったりです。防腐剤や香料などを添加しておらず、お肌の敏感な人でも使用できるのが特長です。

何にせよ乾燥肌が生活や身辺の環境に大きく起因しているのであれば、いつもの身辺の癖に注意するだけである程度お肌の問題は解決するはずです。

患者さんは一人一人肌質は異なりますし、先天性のものによる乾燥肌なのか、そうではなくて後天的なものによるドライ肌なのかに応じて治療の仕方に大きく関わってきますので、十分な配慮が必要なのです。

美白用化粧品であることを容器などでPRするためには、薬事法を管轄する厚生労働省の認可が下りた美白物質(特にアルブチン、コウジ酸の2つ)を含んでいる必要があるらしい。

よく耳にするピーリングとは、古くなってしまった要らない表皮を専用化粧品などでピール(peel:はぐの意味)した結果、まだ新しいダメージのない表皮(角質)に取り替える分かりやすい美容法です。

さらに日々の暮らしのストレスで、心にまで毒物は山のごとく溜まり、身体の不調も招く。こうした「心身ともに毒だらけ」というような意識こそが、人々をデトックスへと駆り立てている。

美容にまつわる悩みを解消するには、最初は自分の内臓の具合を把握することが、より美しくなるための近道です。ここで知りたいのが、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の具合を調査できるのでしょうか。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 美的に生きるってかっこいい! All rights reserved.